洗車の基本

洗車の基本は上からですが、タイヤ・ホイールに関してはボディーより先に洗うことをおすすめします。
その理由は、タイヤは洗った後の乾燥で、シミができたり汚れの付着を気にする必要もないです。タイヤ周りの泥汚れなどは先に落としておいたほうがボディーを洗うときにスポンジに巻き込んで洗車傷を発生させるリスクを減らすことができます。

では、タイヤ洗いのポイントについて紹介したいと思います。
まず、タイヤハウスの洗浄です。
あらかじめ下回り洗車の時に内側も高圧洗浄機などで汚れを飛ばしておくなどして、洗います。
この部分はタイヤが跳ね上げたもの付着するので非常に汚れていますので固めのブラシで擦って洗ってしまいましょう。

次に、タイヤの洗い方です。
洗車に使用するカーシャンプーを使い、ブラシで強く擦って洗いましょう。
よく家庭用の中性洗剤を使用したり洗浄・脱脂性能の高いタイヤクリーナーを使用する人もいますが、タイヤが早期劣化したり、ひび割れを促進する可能性がありますのでやめておいたほうがよいでしょう。
またタイヤの交換サイクルが3年以上の場合もタイヤコートを使用していればタイヤ側面のひび割れなどを防ぐことができます。
タイヤコートをかけるタイミングはボディーの洗車やワックス、コーティングをかけ終わった頃ならちょうどタイヤが乾燥してかけごろになっているのでお勧めです。

次に、ホイールキャップの洗い方
ホイールキャップもタイヤと一緒にブラシで擦っても構いません、
ホイールは表面処理の種類などによって手入れ方法も多彩なのでタイヤと区分して洗いましょう。
最後は、タイヤクリーナー、タイヤコートの選び方です。
タイヤクリーナーで多いタイプはムースタイプのものを吹きかけて放置するタイプが主流です。
クリーナーと艶出しの効果兼用タイプはあまりオススメできません。クリーナーはクリーナー、コーティングはコーティングとして使用することでタイヤをキレイにして、なおかつ保護できます。

Comments are closed.